参加団体

北の大地の水族館

釧路自然保護協会

猿払イトウの会

Friends of Shari River 斜里川を考える会

朱鞠内湖淡水漁業協同組合

尻別川の未来を考えるオビラメの会

ソラプチ・イトウの会

道東のイトウを守る会

十勝のイトウを守る会

別寒辺牛川流域イトウ保護連絡協議会


HOME

SITEMAP

このプログラムは終了しました。

第7回北海道イトウ保護フォーラムin 釧路

釧路川のイトウは再生するか

(イトウ保護連絡協議会2008リレーフォーラムChapter4)

【日時】2008年10月18日(土)午後1時30分から4時30分
【会場】釧路市立博物館
【主催】釧路自然保護協会
【共催】イトウ保護連絡協議会・釧路市立博物館
【後援】北海道
【入場料】無料

【主旨】
 釧路川水系では現在、イトウの繁殖が確認されている所は二つの河川(支流)しかありません。これらの河川は自然の蛇行をしており、流域には河畔林がよく残されています。しかし、その周囲は草地化されており、土地の改変がなされています。まず、これらの河川のイトウの保護のあり方を探り、釧路川水系全体にイトウを蘇らせる方策について、皆さんと考えていきます。また、北海道内においてイトウの保護に積極的に寄与している各地域の団体の連合体であるイトウ保護連絡協議会が、猿払町を皮切りに、ニセコ町、別海町、斜里町においてリレーフォーラムを開催してきましたが、最後の締めくくりとして、各地でフォーラムを主催してきた団体と北海道条例によるイトウ保護を検討している道庁担当者を交えて、北海道におけるイトウ保護の方策について、皆さんと意見交換し、考える機会にしたいと思います。

【プログラム】
〇講演
「北海道のイトウの遺伝的多様性とその保全〜川ごとに異なるイトウをどのように守るべきか〜」
講師 江戸謙顕(文化庁文部科学技官)

○報告
「釧路川のイトウの現状」
報告者 針生勤(釧路市立博物館学芸員)

○パネルディスカッション「北海道のイトウを守るために」

【お問い合わせ】釧路自然保護協会 TEL:0154-41-5809 FAX:0154-42-6000


これまでのイトウ保護連絡協議会2008リレーフォーラム