参加団体

北の大地の水族館

釧路自然保護協会

猿払イトウの会

Friends of Shari River 斜里川を考える会

朱鞠内湖淡水漁業協同組合

尻別川の未来を考えるオビラメの会

ソラプチ・イトウの会

道東のイトウを守る会

十勝のイトウを守る会

別寒辺牛川流域イトウ保護連絡協議会


HOME

SITEMAP

 2008年3月7日、北海道庁本庁舎(札幌市)で、「イトウ保護についての関係団体との意見交換会」(北海道庁自然環境課主催)が開催され、イトウ保護連絡協議会と加盟団体も参加しました。イトウ保護連絡協議会は北海道知事あてに「イトウ個体群の保護管理に関するご提案」を提出(全文はこちら)。また協議の結果、同自然環境課からは口頭で以下の見解・方針が示されました。

イトウ保護連絡協議会の提案 北海道庁自然環境課の見解・方針
どのような「イトウ釣り規制」が真に効果的なのか、地元住民、釣り人、研究者らを交えての協議と合意形成の場を設けてください。 ・2008年度春の産卵期の釣り自粛要請については先送りとする。
・今回の意見交換会を産卵期の釣り自粛要請のためのアリバイ作りの場とすることはない。
・産卵期の釣り自粛要請は条例化を前提にしたものではない。
生息地域ごとに当協議会や住民、釣り人、研究者らと貴職が協議しながら合意形成を図る新しい枠組みを設置してください。 ・今後も関係各位との協議を続けてよりよい方向を目指したい。
・地域の実情に応じて早急な保護策が必要と考えられる場合は積極的にご意見を頂きたい。
各個体群が生息する水系近辺での産業振興・開発行為に留意し、また河川管理者・森林管理者などとの協議体制を強化するなど、きめ細かなイトウ保護管理を実施できる仕組みを作ってください。 ・道庁内でも関係部局と連携していきたい。
  ・イトウが北海道の宝であるということを広く道民の方々にPRしていきたい。